金沢へご旅行されたお客様からのお土産をいただきました。

お豆ばかりがぎっしり詰まったお煎餅?名前の通りお豆の板です。北海道の黒豆、富山

県の大豆、石川県のもち米を合わせて杵で挽いて作られたものだそうです。一口噛んで

みると、お豆のハーモニーがすごいこと!素朴な風味と後からじわーっとくる豆の甘味が

絶妙で、もう一口、もう一口・・と食べてしまいます。自然の甘さなので、いくらでも食べら

れる感じです。お米に入れて一緒に炊いても、美味しい豆ご飯が炊けるらしいので、ぜひ

そちらも試してみたいと思います。と思っていたら、その前に全部食べちゃってました!

豆板を齧っていたら、金沢へ帰省されていたお客様が金沢の銘茶「献上金沢棒茶」を持ってきて下さい

ました。なんというタイミング、まさしく豆板にピッタリ。誰か見ていたのかしらん。このお茶を頂くのも初め

てでしたが、昭和天皇に献上されたという「茎のほうじ茶」。一番摘みの上質の茎を使用し、浅く炒りあげ

る独自の製法で作られているそうです。さっそくお茶を入れるとあっさりたした風味で、とても香りが良く、

上品な味です。家で水出しを作ってみましたが、これもまた美味しいです。皆さん本当に美味しいものを

良くご存じですね。こうして各地の名産教えて頂きながら、私は年々食いしん坊になっていくのです。

人気ブログランキングへ

Leave a Reply