先日、知人から「こんなものが載ってるよ。」と見せてもらった「mono」という雑誌です。

なんと、50年も前の当店の懐かしい話が掲載されていました。

出石尚三さんという服飾評論家の方が、当時、加古川にあった「キャプテンタマキ」を訪れた時の思い出

話が書き綴られていていました。1960年代といえば、アイビー全盛の時期で、「VAN」のアイビールック

大流行した時代でもありました。私があれこれ言うと、現在50代、60代のアイビーに対する思い入れの

深いオジサマのお言葉やおしかりが飛んできそうで、わかった風な口はきけませんが、当時、VANの洗礼を

受けて、おしゃれに目覚めた方は多かったはずです。今でもこの店に「懐かしいなぁ。」と言って入って

来られる男性のお客様があり、しばし昔話に花が咲くことがあります。小売冥利に尽きるというか、

本当にありがたいことです。実は、今日もご主人様が以前、当店でのお客様らしく、奥様がご自身の

お洋服を買ってくださり、「懐かしい、こちらで買い物が出来てよかったわ。」と言ってくださいました。

小売というのは、こうした半世紀もの年月を掛けて、続いていくものだと痛感します。また、文中に

出石さんと先代との会話があり、「アイビーはハンバーガーを食べなくては」とか、「サイドヴェンツはいやらしい

ねぇ。」と先代が言ったらしいのですが、今となってはわかりません。可笑しくもあり、先代の口調まで思い出し

笑ってしまいました。ともあれ、出石さん、片田舎の小さな店を懐かしく思い出して書いていただいて、ありがとう

ございました。懐かしいアイビーから21世紀へ・・お店も進化していかねばいけませんね。頑張ろうっと!

 

お知らせ

8/15(日)、16(月)、17(火)は夏季休業です。

8/23(月)、24(火)は出張の為、連休にさせていただきます。

 

人気ブログランキングへ

 

Leave a Reply