姫路の名物「ゆかた祭り」のご紹介です。

毎年、6月22日、23日、24日は恒例の「ゆかた祭り」が開催されます。

当店の斜め前にある長壁神社のお祭りなので、店の前は大賑わい。いつも人出の多さにはびっくりさせられます。

その昔大名の榊原政岑が越後に封印される際、思い出にを残すため場内の長壁神社に参拝できるようにと、

立町に御神璽を移しました。そして長壁神社のお祭りの際、遷座祭りに奉仕する人々の式服を調整する間がなく、

許しを得て「ゆかた」を着たことから、「ゆかた祭り」と呼ばれるようになったと言われています。

 

夜店がいっぱいです。一帯に並ぶ夜店の数は西日本一(実は日本一多い)と言われています。

 

Kさんが浴衣を着て来店されました。いつものジーンズ姿を見慣れているだけに、この日はとても女らしく(?)見えました。

一緒に長壁神社にお参りに行きましたが、二人とも無言でながーくお祈りしていたのが、おかしかったです。何をお祈りしたのでしょうね?

 

人気ブログランキングへ

Leave a Reply