Archive for 4月, 2011

 

この前の休日、以前から気になっていたペンキ塗りをしました。

庭に置きっぱなしのテーブルや椅子、カゴに一気に色を塗り、すっきりさせました。

日焼けて、しまったので、

こんな風にこげ茶に塗り替えました。

テーブルはトップをアイボリーホワイトにして、脚はライトオークのステンを塗り、イメージチェンジ。

思い通りに出来るか心配しながらも塗るのは早いッ!

はい、この通り。

これはデッキチェア。船旅の時、甲板の上で使用するもので、「First Class Only」と書いてある!!

さすが、キャプテンタマキでしょ。

これは随分前からあったので、ところどころ欠けています。

ほらさ!綺麗になっただろ。

ついでに門も。

「案外上手く出来た!」と調子にのって、今度は家の中も塗りまくろうと思っています。

あぁ~楽しかった!!

ムートンコートと言えば、クロード・ルルーシュ監督の名作「a man and a woman」(男と女)に登場するアヌーク・エーメ

を思い出します。1966年と言えば、今から45年前の映画。かなりクラシックですが、私にはちゃんと記憶があります。

子供心に「こんな綺麗な人がおるんや。」と見とれておりました。映画を思い出さなくても、繰り返し聞いた

「シャバダバダ~♪シャバダバダ~♪」の音楽は心に残っているはずです。

膝丈のこげ茶のムートンです。足元はシャネルらしいコンビのパンプスです。インナーには黒のタートルを着ていてます。

今度は白のタートルに白のグローブ。

もう一枚のムートンはゆったりしたランチコート。男っぽいデザインだけど、彼女が着るとセクシー。

フランス映画らしく、映像が綺麗なので、つい画面に釘付けになってしまいます。

ジャン=ルイ・トランティニヤン演じるレーサーの役もカッコよく、フォード・GT40が登場したり、フォード・マスタングでモンテ

カルロラリーに出場したり、ル・マンのシーンもあって、今では見ることのないクラシックカーが次々出てきます。

 

Mouton Coat Collection

4/8(金)/9(土)10(日)11(月)13(水) 

さて、今年おススメのムートン達です。上質のスペインムートンのダブルフェイスです。

暖かさは勿論ですが、肩にかかる重さは感じられず、ふわふわ、ほこほこのぬくもりがとても気持ち良いです。

今回はオーダー会と言う事で、サンプルが13型。カラーやサイズも選べますので、お気に入りの1着を見つける事ができ

ます。私のおススメは左から2番目のノーカラータイプ。お袖はサンプルはハーフ丈ですが、実際は長袖になります。

それから中央のダッフルコート。これも着てみると、GOOD!でした。今回オーダー頂いて、10月末から11月中旬に

お手元に届きます。上記期間中にご覧くださいね。ご来店をお待ちしています。

c-tamaki@beach.ocn.ne.jp

 

 

 

 

ようやく暖かく春らしくなって来ました。 

スペインのエスパドリュウ、カスタニエールの第一弾が入荷しました。

左側がグログランテープのリボン付き黒のみ ¥23.100、   右側ベージュのコットンキャンバス ¥21.000

どちらもヒールの高さは前が1.5cm,後ろが8cmです。  サイズ展開は35, 36, 37 の3サイズです。

ワンピースやカプリパンツにとてもよく合います。

他のアイテムも続々入荷しますのでお楽しみに!

 TEL.079-223-6870