Archive for 8月, 2010

家族の誕生日ということで、久しぶりに神戸の「リストランテ ドンナロイヤ」で食事をしました。

神戸の老舗イタリアレストランで、先代の頃から、何か事あるごとに行かせて頂いています。特に娘は3才の頃から

食べに連れていっているので、味が舌に刷り込まれているようで、誕生日にどこに食べに行きたいかと聞くと、間髪

入れずに「ドンナロイヤ」と返事が返ってきます。本人いわく、明石蛸のボイルや海老のボイルはとても懐かしい味が

するらしいです。もちろん、家族全員大ファンです。料理の味は言うに及ず、オーナーシェフの渡辺さん以下、

スタッフの方々のサービスも絶妙で、私達が大好きなメニューをとても美味しそうに説明してくれます。来る度に同じ

メニューになるのですが、また食べたくなって、ついいつものメニューを頼んでしまいます。この時点で、アンティパスタを

頼みすぎたかなぁ?いつものメニューに新しいのも足すと、5品は頼みます。下のメニューの他にミル貝のマリネも

頂きましたが、目の前に料理が来ると食べてしまって写真を撮り忘れました。

前菜  明石蛸のボイルのレモンかけ        茄子のバルサミコ酢漬け             海老のボイル        琉球豚のハム

パスタは冷製パスタ2品とボンゴレビアンコ、ア-リオ-リオの4品を少しずつシェアしました。家族なので分け合うのも

遠慮はないですが、とにかくどれも食べてみたいと思う食い意地の張りようです。メインは久しぶりに仔牛のカツレツパ

ルミジャーノを頂きました。デザートは、桃のコンポートでした。美味しいひと時を過ごし、またドンナロイヤの方たちと楽しい話や

懐かしい会話を楽しみ、家族全員満足顔でした。

人気ブログランキングへ

金沢へご旅行されたお客様からのお土産をいただきました。

お豆ばかりがぎっしり詰まったお煎餅?名前の通りお豆の板です。北海道の黒豆、富山

県の大豆、石川県のもち米を合わせて杵で挽いて作られたものだそうです。一口噛んで

みると、お豆のハーモニーがすごいこと!素朴な風味と後からじわーっとくる豆の甘味が

絶妙で、もう一口、もう一口・・と食べてしまいます。自然の甘さなので、いくらでも食べら

れる感じです。お米に入れて一緒に炊いても、美味しい豆ご飯が炊けるらしいので、ぜひ

そちらも試してみたいと思います。と思っていたら、その前に全部食べちゃってました!

豆板を齧っていたら、金沢へ帰省されていたお客様が金沢の銘茶「献上金沢棒茶」を持ってきて下さい

ました。なんというタイミング、まさしく豆板にピッタリ。誰か見ていたのかしらん。このお茶を頂くのも初め

てでしたが、昭和天皇に献上されたという「茎のほうじ茶」。一番摘みの上質の茎を使用し、浅く炒りあげ

る独自の製法で作られているそうです。さっそくお茶を入れるとあっさりたした風味で、とても香りが良く、

上品な味です。家で水出しを作ってみましたが、これもまた美味しいです。皆さん本当に美味しいものを

良くご存じですね。こうして各地の名産教えて頂きながら、私は年々食いしん坊になっていくのです。

人気ブログランキングへ

  先日、知人から「こんなものが載ってるよ。」と見せてもらった「mono」という雑誌です。

なんと、50年も前の当店の懐かしい話が掲載されていました。

出石尚三さんという服飾評論家の方が、当時、加古川にあった「キャプテンタマキ」を訪れた時の思い出

話が書き綴られていていました。1960年代といえば、アイビー全盛の時期で、「VAN」のアイビールック

大流行した時代でもありました。私があれこれ言うと、現在50代、60代のアイビーに対する思い入れの

深いオジサマのお言葉やおしかりが飛んできそうで、わかった風な口はきけませんが、当時、VANの洗礼を

受けて、おしゃれに目覚めた方は多かったはずです。今でもこの店に「懐かしいなぁ。」と言って入って

来られる男性のお客様があり、しばし昔話に花が咲くことがあります。小売冥利に尽きるというか、

本当にありがたいことです。実は、今日もご主人様が以前、当店でのお客様らしく、奥様がご自身の

お洋服を買ってくださり、「懐かしい、こちらで買い物が出来てよかったわ。」と言ってくださいました。

小売というのは、こうした半世紀もの年月を掛けて、続いていくものだと痛感します。また、文中に

出石さんと先代との会話があり、「アイビーはハンバーガーを食べなくては」とか、「サイドヴェンツはいやらしい

ねぇ。」と先代が言ったらしいのですが、今となってはわかりません。可笑しくもあり、先代の口調まで思い出し

笑ってしまいました。ともあれ、出石さん、片田舎の小さな店を懐かしく思い出して書いていただいて、ありがとう

ございました。懐かしいアイビーから21世紀へ・・お店も進化していかねばいけませんね。頑張ろうっと!

 

お知らせ

8/15(日)、16(月)、17(火)は夏季休業です。

8/23(月)、24(火)は出張の為、連休にさせていただきます。

 

人気ブログランキングへ

 

この笑顔、どうですか?素敵ですね。

こちらは世界的に有名なレッグウエアブランド、ピエールマントゥのGiangrossiファミリーの笑顔です。

1932年ジャングロッシ家がミラノに創業した、80年近い歴史がある最高級レッグウェアブランド。

毎シーズン、パリ、ミラノコレクションの有名メゾンのレッグウェアを手掛け、そのファッション性と品質の高さは

ヨーロッパ王族や各界の著名人からも広く愛されています。私がこのブランドを仕入れるに至っては、

エピソードがあり、内緒にしていたのですが、告白します。十数年前、イタリアへ仕入れへ行った時、

パンストはこれや!と、結構沢山買ったのですが、良く似たロゴ(PとM)が付いてたので間違って

ピーター・マン何とやらという類似ブランドのものを買ってしましました。ちなみにリナシャンテで買いました。

自慢げに履いて暫くは気付かず、ある時パッケージを見て違うことに気付いたのですが、数か月経っていました。

さて、このピエールマントゥの何がいいか・・ですが、まず一番にお勧めしたいのが、マイクロネットです。

ネットが細かく、足首からふくらはぎにかけて、とても綺麗に見え、自分でも美脚になったかも・・と錯覚してしまいます。

カラーもさすがイタリアだけあって、茶系が抜群に綺麗です。良くお洋服着た後で、茶系のタイツを合わす時、

しっくりこないことがありますね。それは、色が微妙に合ってないからです。そして、タフな素材なので、

繰り返し穿いても大丈夫です。カラーはこげ茶、茶、濃いベージュ、ベージュ、薄いベージュ、グレー、

黒をご用意しています。3.150円 また年中欠かせないレギンスも素材感が良く重宝します。

50デニール、10分丈なので、長さを調節させることにより、12分丈、8分丈と対応できます。

そして、冬仕様のタイツも入荷しました。

コットンタイツです。これは、コットン62%の収縮性抜群の70デニールで、ファンの多い逸品です。

コットンならではの自然な風合いと感触を楽しんでいただけますし、

膝を曲げたり、伸ばしたりしてもしわになりにくい優れた商品です。5.250円 

最後にVELOUTINE(べルーティン)というベルベットタッチの発色の美しいタイツです。

50デニールで17色あり、お洋服に合わせて、カラーを選べます。日本にはない微妙な色合いが楽しめます。

こちらは4.410円です。日本では考えられないくらいイタリアのマダム達は足元に気を使います。

いつも脚を美しく保つように努力を惜しみません。見習いたいものです。やはりおしゃれは足元からですよね。

 

人気ブログランキングへ